もやは、まだ帰ってきません

昨日と同じような夕暮れが訪れます

もやが、外出して丸一日が過ぎました。
日中、何度か、もやの名を呼びましたが・・・
どこで、静養しているのだろう。

私の声は、聞こえているのだろうか?
もやは耳も遠くなってきているので・・

或いは、「そっとしておいてくれていいのよ・・」と思っているのか?

終末ケアの大切な要素とは何かを、考えさせられている自分がいる。



夕日


田んぼの上を、ツバメが飛ぶ

子ツバメたちは、飛行練習にいそしむ時期なのです。
えさの虫の捕り方も覚えなくてはいけないし・・

すべての生きとし生けるもの達は、生きるすべを学び、訓練し、飛び立っていく。

太陽は、その全ての命を、満遍なく照らしては、沈み、照らしてはまた、沈む。
夕暮れの光は、限りなくやさしい色をしている。

夕日の田んぼ


今日という一日が終わろうとしている

今日・・
洗濯機を2回回して、庭に干し・・。
この暑さで、不整脈が出はじめた母が、「美容院に行きたい」というので、送迎し・・。
オルガンで讃美歌を弾き・・。
パン作りの講習のための準備をして・・。
母の昔話に耳傾け・・。
食事を作り・・。片付け・・。

畑の草取りに行く予定を取り止めにして・・。

なんということなく、時間は過ぎてゆく。


落日

本来・・・
時間には、意味もなく、色もなく、善もなく、悪もない。

無色透明な実在こそが、時 なのかも知れない。

この時を、意味づけるのは、個として存在する自分のみ。


神様が与えてくださった時間の中で、
人間が、たったひとつだけ、見いだすべきものとは、
創造主である神を知ること。認めること。
そして、この神が送ってくださった、神の御子イエスキリストを信じること。

無為に過ぎたように感じる一日であったとしても、
神のみ手の中に過ぎた時間というところに、安心が感じられる。


あらためて、主イエス様の語られた言葉の重さを覚える。

「無くてならぬものは多くはない。いや、ただひとつである。」

そうなのだなあ。

theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking