スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙の声・・エビネの花咲く

風は思いのままに吹く・・

いつもは、
丸い葉を広げて、おだやかに立っている ほうの木。
ここ数日、日本列島を覆っている低気圧の為か、
大風に吹かれて、葉が、吹き飛ばされそうな勢いです。

大きな、蕗の葉っぱみたいに、
暴風に流されていました。

主イエス様のもとに、
夜、人目をはばかって、イエス様を訪れた、
サンヒドリン議会の議員であったニコデモとの対話。
”新生 ” の必要性を語った折の言葉でした。

「風は思いのままに吹く。あなたがたは、その音は聞くが、
 それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれる者もまた、同じである。」
                      ヨハネによる福音書 3章 8節

風は、目に見えない。しかし、風が存在することは、揺れる木々を見ればわかるでしょう。
霊的な存在も、また同様なのだよ。

大風に揺れるほうの木


もみじの木は、どよめいて・・

嵐の中で、辺りを揺るがし、
葉が千切れんばかりに風になびき、
思わず、祈り出したくなるほどの勢いでしす。

「もみじ君、大丈夫?」

大風に揺れるもみじの木


桜の木も・・

大揺れに揺れて・・・
ビューーゥゥーー
ザヮ・ザヮ・ザヮ・ザヮ・・

風に揺られて、枝が折れてしまうのではないかと、心配になるくらい・・。

大風に揺れる桜の木


大風の中に、沈黙の声を聴いた予言者エリヤ

夜間の風は、暴風そのもの。
台風が来たのではないかと思うほど・・。
ふっと、心配がよぎる・・・
しかし、
聖書の中に書かれている言葉が、思い出されました・・。
主なる神は、大風の中で語られた・・。

昔、偉大なる予言者エリヤは、その生涯の中で、偶像礼拝する王と群衆を相手に、
主なる神が、唯一、生きておられる真の神であることを証明した後に・・
挫折し、逃亡し、ほら穴に隠れ、主なる神に向かって、死を願った。と書かれています。
                            列王記第一18章~19章

主なる神は、エリヤに応えて言われた。
「エリヤよ。あなたはここで何をしているのか。」と。そして、主は、
「外に出て、山の上で、主の前に立て。」と仰せられた。

すると、その時、主が通り過ぎられた。
主の前で、激しい大風が山々を裂き、岩々を砕いた。
しかし、風の中に主は居られなかった。
風のあとに地震が起こったが、地震の中にも主は居られなかった。
地震のあとに、火があったが、火の中にも主は居られなかった。
火のあとに、沈黙の声があった・・。

大風に揺れるまゆみの木


沈黙の声・・・

主は彼(エリヤ)に仰せられた。
「さあ、ダマスコの荒野へ帰って行け。そこに行き、・・・・せよ。」
主の予言者エリヤは、主から生涯最後の使命を命ぜられました。

わたしが憧れてやまない、偉大なる予言者エリヤが、
火の戦車と火の馬に乗って、たつまきに乗って、天へ上って行く前の出来事です。
                          列王記第二 2章
予言者エリヤは、モーセやエノクのように、地上に墓を持たない。
イエス・キリスト様もまた、地上に墓を持たない。

わたしたちもまた、エリヤのように、
神の御子、救い主イエス・キリストにあって、
わたしたちの国籍は、天にあるのです・・なんと幸いなことか。

嵐の中で、沈黙して咲くエビネ蘭
 
何があっても、動揺しない。
何が起こっても、恐れない。

大風が吹き荒れる木の下で、
エビネ蘭の花は、自分を造り、命を与え、
見守ってくださっている主なる神を、知っていて、
絶対的に、信頼しているように見えました。


エビネ咲く


信仰とは・・・絶対信頼

唯一の真の、神の言葉が書いてある、聖書を読み、
イエス・キリストが、神の御子であることを知り、
この方が、わたしたち人間を、罪から救い出すために十字架に架かってくださった・・。
罪許された人間は、聖なる神と、いつも共にいることが出来ること。

この幸福のおとずれを信じること・・・これが信仰なのですね。

そして、祈りとは・・心の中に、いつもイエスキリスト様が、共にいてくださること・・。

エビネ

いかなるものも、この平安を、わたしから奪い取るものはない。

暴風の中で、静かに、凛として自分の花を咲かせる姿は、
信仰の何かを教えてくれている。

そして、信頼しているものの姿の、なんと、美しいことよ。


沈黙の声を聴いて、再び立ち上がった、予言者エリヤ。
神に、決して見捨てられていないことを確信した時、
静かな力が湧いてきた。

あこがれのエリヤのように、
わたしも、主を絶対的な信頼で、残る人生を生きていきたい。




theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。