ハーブ畑のオブジェ

自然が創った造形美

雪国に生きた貝塚息吹の古木。
曲がりくねった枝は、苦難の歴史を物語ります。
「大雪は、それは重かったんだよ・・。」
「わしは、耐えたけれどね・・。」

人手によらない芸術作品です。
j
この枝は、もったいなくて切れませんでした。オブジェにしよう。


「かあちゃん。こうやって座るの?」

ハーブ畑の椅子にしたい。
座り心地はとてもいいのですよ。
さくらも、試してみました・・・。

貝塚息吹の切り株


「かあちゃん。日陰ができたよ。」

日陰の大好きなさくらには、
うれしい切り株でした。

いごこちいいね


「キャットミントを見守る場所だよ」

「ここなら、ゆっくりできるからいいな。」
さくらは、とても気に入ったようでした。

ハーブ畑に


れいも、くつろぎます

「どれどれ、わたしも試してみようかね。」
れいも、結構、気に入ったようです。

ハーブ畑に切り株

シューちゃんも珍しがって

好奇心旺盛な、子猫ちゃん。
チーママの末っ子シューちゃん。
かあちゃんの行くところどこにでもついてきます。
「おおきな木だね。」

大きな木なんだね


「爪研ぎだって出来るよ」

シューちゃんは、早速爪を研いでみました。
「具合がいいよ・・。」

f


しゅりちゃんも・・・

すばしっこくて、かわいい子猫のシュリちゃん。
「ほんと、この爪研ぎの木、いいかも・・。」
怖いもの知らずのシュリちゃんは、
この間なんか、
20センチ位の小さい蛇をくわえて遊んでいました。
我が家のとうちゃんなんか、
そんなシュリちゃんを見て、恐ろしがっていましたっけ・・。

d
「たのしいね。」子猫たちがはしゃいでいました。



貝塚息吹の古木の第二の人生

木にも使命があり、
それから、第二の人生もあって、尚、役立つことが出来る。

i

空高く、孤高にそびえ立っていた時には、
決して味わえなかったこと・・。

市井の木になって、ハーブの庭の平面で、
人や猫の暮らしに溶け込んで・・・。

そんなのもいいかなあー。

倒れた木の、新たな生き方。


theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking