スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋・・・それぞれに

美しい白い花を咲かせた沙羅

純白の花、緑の葉、
そして、秋のあたたかい紅葉の色。

沙羅の紅葉は、やさしいうす茜色。
きっと、沙羅の木は、やさしいのだと思えます。

沙羅の紅葉

見事な藤色の花房

藤の花は、香り高い藤紫の花。
蜜蜂が喜んで集った春。

藤の葉の紅葉は、若々しい黄金色。
花に負けないうつくしさ。


藤の葉の紅葉

桜の葉は、すでに落ち

桜貝のうすい桜色は、少女のようなやさしい色。
桜の紅葉は、これまた、なんとも言えない茜色。

今は、すでに枝のみ・・。
桜木の幹は、黒く見えて、洒落ています。

雀たちの絶好の集会の場となっています。
小枝がいっぱいあって、確かに安全地帯かもしれません。

桜は小さな雀たちに、とてもやさしい。
それにしても、雀たちは、よく喋ります。 チュクチュクチュクチュク・・チュンチュン・・・

雀たちの秋

絢爛豪華な紅葉は終焉を告げる

紅色の葉が、赤茶色に変色をはじめている。

 もののあわれ という言葉は、
こうした、つかの間の美しさと、
またたくまに訪れる落葉の姿を言うのか。

枯れ落ち葉。

枯れて落ちて、大地に帰る。
潔いというか、勇敢というか・・・

もみじ

自然界の移ろいに、見事に歩調を合わせて、
折々に見せる木々の表情は、
なんだか、とても楽しげに見えてくる。


「・・・盛りの時ばかりが、最良の時でもないのですよ・・。」

「いつだって、折に応じて、良き時なのですよ・・。」

ただ、人の目には、どう見えるかは、木であるわたしたちにはわかりませんけれど・・・。

長いこと、庭の木々とお付き合いしてきたら、
そんな会話が聞こえてきそうに思えるようになりました。

折々の時を、自分の時とするのは、自分だけ。

晩秋の木々が教えてくれた、木の人生観。


theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。