田植え・・今・昔

文明の利器の時代到来

ひと昔前・・・村では、田植えの時期になると、田人(とうど)と言って、
田植えを、村人同士が寄り合って、共同で行ったとのこと。
義母の話では、それは、大変だったようでした。
田んぼに入って、手で一本一本稲の苗を植えてゆく。
朝早くから、夕方まで。
”田植え煮物”が用意されたのは、
家に戻って食事の支度をする時間を割くためもあったようでした。

今、田植えは、殆どが田植え機械を使って植えるのです。
今日の午後、田んぼをお願いしている、米作り専門の方がきていました。

田植え・機械植え

一度に8列も植えてゆくのです

大きな田植え機が、たくさんの稲の苗を積んで、
機械の手は、一斉に植えていくのです。

田植え

あっという間に・・

見ている間に、あっという間に一反八畝の田んぼに、
緑色の苗が植えつけられました。

田植え経験の豊富な義母は、
「これだけの田を、人手で植えたら、半日かかっても終わらねえや・・」
「機械は、たいしたもんだ。」

「そうなの、お義母さん。」

田植え

そして、苗は植え揃いました

蛙さんやら、タニシさんやら、また、たくさん集まるかな?

「今年も。蛍が来るかもしれないね。」

終了

昔は・・人手で植える

細い、小さな苗を、2~3本づつ、引き千切って植えるのです。

田植えの指導を受けてます

今時は、線代わりに、紐を渡して、
真っ直ぐに植えて行きます。

植えています

こんなに大勢の人ではありませんが

こんな風に、並んで、バックして植えていくのだそうです。
昔は、網笠を被って、赤い紐で結んで・・。
絣の着物ともんぺを履いて。

並んでバックして植えます

この写真は、”蛍の宿を守る会” の人たちが、
蛍の住みやすい環境を呼び戻すために、
完全無農薬の自然栽培で、米作りをしているのです。

初夏には、たくさんの蛍が、
宝石のように暗闇を、飛び交います。


文明の大きな力。
非文明の大きな恵み。

どちらがいいとは、言いきれない。
それが、人間の住処かもしれません。



theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

はじめまして。
足跡からおじゃましました。
素敵な所ですね!
小学生の頃、学校で田んぼを作っていたので
そのときの田植え、稲刈りを思い出しました。
青々と元気に育ちますように!

taizo さま

田んぼはたくさんあるのですが、みんなお願いして、
今は、ねこたちと一緒に、観賞する人です。(笑)
田んぼが近くにあるので、夏には、蛍にも出合えます。
 ドッグトレーナーをなさっておられるようですが、
お宅の凪さんは、人の言葉を理解していることが、
その表情からよくわかりました。賢い犬なのですね。
わたしも、そちらの猫ちゃんたちと、凪さんに会いに、
お尋ねさせていただきます。どうぞよろしく。
プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking