寒暖に育つ

寒暖に育つ

春の日差しのあたたかさ。
冬の風の冷たさ。

寒暖の差が、日毎に異なる日々の中・・・。
チュ-リップの芽が、
寒暖を、黙って受け止めながら、
育っています。
雪の中。
葉っぱは、硬く引き締まって見えます。

雪の中

春の日差し

太陽が降り注ぐと、またたく間に、
雪は姿を消し去ります。

光を受けた花の芽は、スクスクの伸びて。
おだまきの芽も、出始めて。

葉っぱは、やわらかく、やさしく見えます。

丈が伸びたチューリップ

冬篭り解禁

むくげと、さくらのふたりも、
ようやく、田んぼへ出られます。

でも、まだ、用心深く行動しているのがわかります。

振り返る

先だっては雪で

雪の中の水飲み場は、
凍っていましたが、
今日は、花瓶の水も解けているようです。

むくげの水飲み場は、ハーブ畑の、スペアミントの緑の中です。
よかったね、むくげ。

むくの水飲み場

バランス

暖かいだけでも、
寒いだけでも、
改めて、
生き物が生育するのには、寒暖の気候、両方が必要のようです。

寒さは、生物に強さと抵抗力を培い、
暖かさは、成長と開花へ導いてくれる。

人間にとっても、人生途上の、
”冬の時代” が、どんなに人を練り鍛えるか。
人の痛みが理解できるための、痛みの時代は、
その時は、辛く苦しく、悲しみの連続であっても、
後になって、
傷んだ経験から生み出された心は、宝物のような光を放つことを、
多くの人は、体験している。


かわいく咲いた


 ”私たちは、火の中を通り、水の中を通りました。
  しかし、あなたは豊かな所へ
  私たちを連れ出されました。”

詩篇の記者が謳い上げている美しい詩が、
草花たちの、厳しい日々と重なって、
なにかしらの、感動を与えられます。

この先、何が起こっても
静かに耐え忍びながら暮らせたら、いいなあと。




theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking