晩夏を彩る花は・・・・

晩夏を彩る花は・・・

裏庭の花は、それぞれの表情を見せています。
咲き終わって、種を結ぶひまわり。
盛りを過ぎようとする赤いコスモス。
咲き揃う、夏水仙。
伸び出した、紫苑。

夏の終わりの庭

夏水仙は、紫水晶のよう!

”夏水仙” の花は、ヒガンバナ科 だそうです。
たしかに、咲き方が ”彼岸花” に似ています。

昔・・・、知人の結婚式用に、花嫁のチュ―ルの、ヘッドドレス用にと、
何日も夜なべして作った、”はまゆう” の花にも似ている。

はまゆうの花も、ヒガンバナ科 なのです。
結構、洒落た花です。

後から出てくる葉が、水仙の葉に似ていて、夏に咲くので、
この名がついたとのことです。

夏水仙

渋い花・・・桧扇の花

花は、茶花のように、渋く、
葉は、舞扇のように、開く。
花の後には、大きな実を結び、大きく育って、はじけて、沢山の黒い実を光らせる!

ドライにしておくと、冬中楽しめる、不思議な花なのです。
わたしは、この家に来て、はじめて、この花に出会いました。


桧扇

紫苑! 背高のっぽの野菊さん

秋の終わりの、多くの庭の花が終わる頃、
いつまでも咲いていてくれる花、 ”紫苑”

ススキの枝垂れた葉にも、良く似合う花。

大きな花瓶の中でも、決して負けない花。
毎年10月に、昔から、我が家の座敷で、舞われる子供の獅子舞。

この時に、いつも沢山の村人たちを迎えるときに、床の間を彩ってくれる花なのです。
紫苑が、伸び出すと、「ああ、もうこの時期が来たのか。」 と思える。

秋を告げる花なのです。

紫苑

でも、野菊のように咲きますが、今まで
この花で、”花占い” は、、したことはありません。
”お嫌い” ”お好き”・・・・・・ 中学生の頃、何度、花びらを引っ張ったことか・・・



空を見上げたら・・幼ツバメ

今年、2度目に生まれたツバメでしょうか?
まだ、幼いツバメが、電線で休んでいます。

小さくて、かわいいー!
早く大きくおなり!
すぐに、冬が来るから。


子ツバメは

theme : 写真にコトバをのせて
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking