スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神が宿る樹・・神戸(ごうど)の大銀杏

大きな樹・・大銀杏に会いに行きました・・

結婚して間もなく、市内の保育園に勤務しました。
通勤途上に、毎日、大きな看板の前を通りました。
 「神戸の大銀杏」 長野県 天然記念物指定 と書かれてありました。

気になりながらも、小さな村の山の裾野にある樹に、会いに行くことはありませんでした。

秋晴れの良い日に、夫と義母と夫の姪と私と、
4人でお昼ごはんを食べに、野沢温泉・村の駅、”ねんりん ”に行った帰り道。

「神戸の大銀杏を見てみたい。」と、私は提案しました。
・・・そういうわけで、大銀杏に会いにゆきました。

余りの立派さに、驚かされました。

神戸の大銀杏


日本一の大きな銀杏の木

樹齢・・・500年以上。
樹高・・・36メートル。
樹周り・・12メートル。

鎌倉の鶴ヶ丘八幡宮の大銀杏は、残念ながら台風で倒れましたが。
それ以上の大きな大銀杏が飯山にあるとは思いませんでした。

近くで見ると、息を呑むような壮大さでした。

神戸の大銀杏


逆光に輝く、癒やしの葉陰

余りにも美しく、
光の気高さ。

秋晴れの青い空・・のどかな雲。熱い日差し。

しかし、銀杏の木陰は、寒いくらいの涼しさでした。

”癒やしの樹 ”

神戸の大銀杏


神戸という小さな村を見つめ続けた樹

村人は、余り訪れることはなさそうでした。
・・・故にこそ、500年以上の長い年月を、文明に脅かされずに、
静かに命を繋ぎ続けていたのかも知れない。

86才を迎える義母は、小学2年生の時に、遠足で見に来た以来という。
「でかくなったなあ・・。」としきりに驚く母。

「・・・かわいかったお嬢ちゃん。年を重ねたねえ・・。」と、大銀杏が母に言っているような・・。

神戸の村



幹は、石のように硬く

「トトロの木みたいだね・・。」と姪。

「本当に、神様が宿っているみたいだね・・。」

「すげえなあ・・。」と感嘆する夫。

神戸の大銀杏


石を噛む樹

「何かが出てきそうだな・・。」と怖がる夫。(笑)

「樹の中に入れそうだね。」
私は、鍋倉山の大きなブナの木 ”森太郎 ”を思い出しました。
森太郎の穴の中に、人が入れるのです。
樹の中に抱かれるのは、神秘的な感じがしたものでした。

神戸の大銀杏

樹の神秘・・・

年を経た樹木。
若々しい緑の葉。

そのやさしくも、圧巻の存在感・・。
本物の存在感を感じました。

そうか・・・本当の存在感は、慈しみ深くて、やさしいのかも知れない・・。

光が・・・この大樹に敬意をもって、静かに触れている。

神戸の大銀杏


古い、小さな祠(ほこら)

我が家のご先祖様が昔・・、
我が家の庭に据えた、子供の守り神の祠は、
これよりずっと大きくて立派です・・。
子供の祭礼は、その祠から始まった村の祭りです。
今年も、10月15日に村のこどもたちによる獅子舞が我が家の座敷で舞われます。


この珍しい外来の銀杏の木は、500年前から、この祠に守られて育ち・・・
今は、その祠を、逞しい大きなたくさんの根で、逆に守っているように見えました。


神戸の大銀杏


神々しく光る大樹


折からの、西日が、大銀杏を輝かせて・・・

見る者の目に、神の光を感じさせてくれます。

”神々しい ”とは、そもそも何かが、わかるような気がしました。


神戸の大銀杏


母・息子・嫁・外孫・・

20代の孫、
60代の息子と嫁、
80代の母。

人は生まれ・・人は成長し、
人は年を重ねて、老いて。

そして、それぞれの死を迎えていく。

とても、不思議で・・・、不思議です。

見学者

「今日は、うまいものを喰わせてもらって、いいものを見せてもらった・・。」
・・・と母の感想でした。


「時々・・見に来よう・・。」と夫。

最近、写真を撮影することが無くなった夫ですが、神戸の大銀杏のもつ、不思議な存在感と、
余りにも田舎の自然に溶け込んで、泰然としている姿に、共感した模様です。


小さなことで心を乱しがちな小さな人間社会を、
黙って、
静かに見守ってくれている樹がある。


ありがとう。大銀杏さん。

theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

わぁ sumikoさん ひさしぶり~

すごい銀杏の木ですね
神々しい
写真でみただけでも圧倒されます

今度ご一緒に。

見に行きましょうか?
本当に、大した樹なのです。
観光マップからは外れそうな地味な場所にあります。
それでも、堂々としていて・・・自己主張せずに、黙ってそこに居る。
尊敬できる樹です。(笑)
プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。