はじめて焼いたフランスパン

フランスパンの講習会

ようやく、フランスパンを焼けるようになりました。

半日、レッスンを受けましたが、
どうやら、成功!

p

我ながら・・・大変よくできました。

この日、指導してくださった師範の山崎先生。
理論的でありながら、のびやかな雰囲気で教えてくださいました。

生地を扱う折に、ガスを閉じ込めて、外に抜けないようにするのがコツ。
引き丸めの技術が重要なポイントとなります。
生地の切り込みの入れ方は、随分練習させていただきました。
良き師から教えを受けることは、どの道にも共通なことだと思いました。

おかげで、きれいな釜伸び。
フランスパン

本場フランスでは・・

フランスパンは、スライスした時、気泡(穴)がないといけないのです。
この空洞の穴は、窒素ガスが抜けてできる空洞だそうです。

因みに、フランスパンの優劣は、

大きな気泡が沢山あると、 トレ(大変)・ビアン(良い)
大きな気泡が半分くらいあると、 ビアン(良い)
小さな気泡しかないと、 アッセ(まあ)・ビアン(良い)
細かい気泡しかないと、 パッサブル(これ以下はダメ(限界))

わたしのパンの判定は、自己評価すると、 ビアン くらいでしょう。
フランスパン

先生曰く・・あとは、数をこなすだけ

フランスパンの専用の鉄板が必要になりそうです。


q

親しい仲間三人で、久しぶりの上京。
楽しいレッスンとなりました。

もう、パンを習いはじめて、9年になります。
終わりのない、パン道?

新幹線が、飯山駅に開通するまで、あと4年。
残り時間が、いよいよ少なくなってきました。

夫と母に、お土産に、峠の釜飯と、崎陽軒のシュウマイを買いました。

theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

パチパチパチ・・・見事なフランスパンが焼けましたね
フランスパンには気泡穴が必要なんですね
いつも食べるときにこの穴はな~に?っと不思議に思っていました

すごいな~手作りなんだ・・・





おいしかったです

楽しく焼いてきました、
結構、いい形でしょう(笑)
なんだか、癖になりそうです。
わたしのオーブンで、うまく焼けたら、送りますね(笑)
プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking