ホタル・つばさ・なつめ・

「ぼくはホタルだよ」

基本的に、喧嘩は嫌いだよ。
 確かに、どんな猫が来ても、どこ吹く風と言った表情で、静かに座っています。

大した猫の素養を持っています。

ホタル

病気の時も・・

ホタルは、泰然としていました。
一言も文句も言わずに、
子猫の面倒を誰よりもよくみていました。

苦しみを知っているが故に、やさしいのかも知れません。
子猫たちは、こころ優しい叔父さんねこのホタルをみんなで慕っていました。

ホタル

ナツメの寝姿のかわいいこと

日光東照宮の陽明門の、左甚五郎の眠り猫みたいです。

なつめは・・・ポストさくら の席を、虎視眈々と狙っています。

なつめ


甘えん坊のつばさは・・

かあちゃんの膝で眠る17歳の黒猫、れいの上におんぶして眠っています。

人格者のれいは、怒りませんでした。
つばさは、どんなに怒られても、ひるみません。
 れいは、もうあきらめたようでした。

「れいは、やさしいね。れい。」

甘えん坊のつばさ


やさしいって、いいな。

theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

紅葉・・・

明日は冷え込むそうな・・

山沿いは雪・・・。

今日は、朝から畑の黒豆作業。

昨晩・・・祈りました。雨をとどめていただきたいのです。と。
午後は雨の予報ですが・・・

f

ナナカマドの茜色の実

今年のナナカマドは、茜色の実が鮮やかです。


b


朱鷺色の葉

何とも美しい葉の色です。



a

赤・黄・緑

c


マユミの葉の紅葉

今から24年も前に、
結婚してこの地に住むようになって、
産休代替えの保母として勤務した懐かしい保育園の思い出。

あの頃、市内で一番大きな保育園で、120名の園児が通ってきていました。

その保育園の生け垣に植わっていた木。
園児が、マユミの実を食べようとしたようで・・・マユミの実は毒なのだそうで・・

この木は、撤去されることになって・・私が引き取ることになったのです。
乗用車の助手席に乗せて運んだ木が、
今では、桜の木と背比べするほどの大木になりました。


マユミの葉



シャラの葉の紅葉


d

七変化のもみじの木と、ブナの木

二本の木は・・・それぞれ立派な木ですが、調和しています。

我が家を静かに見守り続けてくれている、もみじの古木。

そして、静かに大雪に耐えうるブナの木。

それぞれが、なんとも言えない存在感を見せています。

競うこともなく、争うこともなく・・・そこに立っているだけで素敵なのです。

自分をしっかり持っている木は、
人と同じく、存在感を漂わせ、しかも誰とも調和できる様に思えました。

m

「神様・・・青空をありがとうございます」

黒豆の、逆さに干した枝から、
マメをもぎ取る作業ができそうです。


k

猫のさくらは、今朝も午前七時に出かけました。

決して諦めないのです。
「寒いから、今日は家にいなさい。」と言っても、聞きません。

朝霧の中を、いつもの田んぼ道を足早に姿を消しました。

「いってらっしゃい。さくら。」

帰宅したさくら

さくらの帰宅は、午後5時半でした。
二階の、私とさくらの部屋にまっしぐら!

「さくら。鳥さん捕まえたの?ネズミ食べたの?」

寝ぼけ面のさくらは、
「そんなこと・・聞かないで。かあちゃん。」

さくら


猫には猫の事情があるようです。

言わぬが花・・・。


きれい好きなさくらは、田んぼや畑で、どんな行動をしているかなんて、
とても想像ができないくらいに、気取っています。

知り尽くさない美学というものがあるならば・・・きっと、さくらに当てはまるのでしょう。


さくらは、お祈りが好きです。
かあちゃんがお祈りするときは、いつもニャーニャー言って、すり寄ってきます。
「ちゃっく。のんのんするよ。」

さくらは被造物の一員として、創造主を感じることができるのだろうか。


かくして、一日が終わります。


theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

雨上がりの朝・・・の散策

昨日の雨・・・今朝の青空

田んぼも畑も、冬支度。

h


もみじの紅葉とブナの紅葉

秋の茅葺き屋根の家。

懐かしい・・・むくとさくらの朝の散歩。

今朝は・・・夫が可愛がっている、ホタルがついてきました。

j

ホタルは、やさしい猫です。

男の子なのに、穏やかで、面倒見がよくて・・
小さな子猫を抱っこして眠ります。

ホタルは病気をしたのですが、夫が特別可愛がって、たいそう看病して、
長野市内の病院に2回も通院して、(車に乗るのが大好きになってしまいました)
毎日毎日、治療して・・・。

ようやく、きれいなおめめになりました。
夫がそれほどホタルを可愛がる訳を聞いたら、(ホタルの性格がいいからだそうでした)

i

甘えん坊のホタルがついてきます。

女の子のようなホタル。

さしあたり、歌舞伎の女形みたいなホタルです。

p

ホタルは内股歩きです。

「ぼくさあ。うれしいなあ。」

さくらが見たら、怒ることでしょう。
さくらは、誰を見ても怒るのです(笑)

さくらは、朝の6時に、田んぼに出かけました。サラリーマンみたいなさくらです。


l


むくとさくらが渡った橋

ホタルは・・・
何だか危なげな渡り方をしていました。


n


ちびちびさくらが迎えます

「なにしてきたの?おじちゃん。」
「お散歩さ。かあちゃんとね。」

q

「おじちゃん。ぼくだって行きたかったかなあ」

渋い灰色の、かわいい子猫ちゃん。
夫の膝に座るのが大好きな子猫です。


r

「ぼくは、いかなくてもいいんだ。」

私の愛した猫、むくに、ちょっと似ているので・・・白むく君です。


s

おしっぽの先が、蛍のように、白くひかって見えるので、ホタル。

ホタルは人柄ならぬ、猫柄がいいので、人気者です。

人柄がいいのはいいですね。
猫柄がいいのもいいですね。

人それぞれ・・・
猫それぞれ・・・。

theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

聖日の朝のもみじ

初冬の雨が上がって

雨上がりの朝の庭

猫のさくらは、今日も寒い田んぼへ出かけていきました。雨の日を除くと毎日・・。

紅葉をはじめた丈の高いもみじは、
きっと、さくらの行き先まで見届けられるのでしょう。

11月11日のもみじ

木のてっぺんから、紅葉が始まります

もみじの木の、この秋のセレモニー。

この日・・・
11月11日は、夫が長野で洗礼を受けた日と聞いています。

私が横浜の金沢八景の海で洗礼を受けたのは、11月5日。

神の子供として新しく生まれる新生。
第二の誕生日は、共に11月でした。
以来、ずっと私はイエスキリストを人生の導き手と仰いで生きてきました。

なんと幸いな人生であったかと思います。

11月11日のもみじ

ナツメの実は・・

てっぺんから無くなります。

葉の落ちたナツメの木には、実だけが最後まで残ります。

鳥たちは、競って実を食べに集まります。

実を結んで・・・他の生き物たちを養います。

葉の落ちたナツメの木

もみじの紅葉の葉は、大地に落ちて、草木を寒さから守り、
更に、土の養分として役立ちます。

歳を加えた、神の僕であるわたしは、
もみじの木やナツメの木のように、他のひとの役に立つことができているのだろうか?

聖日の早朝。「聖書と福音」の高原剛一郎師のメッセージを聞きました。
そして、10時には、市内のキリスト教会へ神を礼拝に参ります。

「わたしは、あなたがどこにいても、いつもあなたがたと共にいる。」
・・と語られたイエスキリストの恵みを覚えて、賛美と感謝と祈りの時を持ちます。

わたしにとっての、最大のアイデンティティーは、キリストの弟子であることです。
救い主イエスキリストを通して、天地創造の神の前に自分を置くこと。


”聖別 ” と言う言葉がありますが、
神を礼拝するために、自分に与えられた時間を特別に取り分けておく。
 日常から分離した時間をつくるということなのです。

そして・・そこから祝福が生まれてきます。


theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

秋は過ぎ・・

先週のもみじ

ブナの紅葉の黄が庭を明るくしていました。

もみじの紅葉はゆっくりと。

晩秋


白いしゅうめい菊

花の少ない庭に、
白いしゅうめい菊の花が、力強く咲いています

しゅうめいぎく


冬の到来を予感させ・・


しゅうめいぎく

「・・・早く、農作業を終わらせた方がいいですよ・・・。」

と言ってくれているように見えます。

雪に備える季節が到来しました。

時を告げる花や木々。


theme : *写真で残す日常*
genre : 写真

プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking