茅葺き屋根の雪下ろし

西脇の茅屋根

我が家の茅葺き屋根は、一般的な家よりも軒が高いのです。

長-い梯子を立てて、昇ります。
 私は下で、見上げています。
「神様。どうぞ、とうちゃんをお守りください。」と祈りながら・・。

用心深くて、仕事が上手なとうちゃんは、心配ないとは思いつつ・・
いつも息をするように祈っています。


雪下ろし

梯子の周辺を下ろし終わると・・

スコップを雪の上に落として、
梯子を移動させます。


雪

「かあちゃんもやってみたい」

「気をつけろよ」と夫。

雪国のおばさんスタイルの私。

雪が重なっているところがザラメ状態。 ザクッと硬いのです。


雪

それにしても、茅葺き屋根は何と強いのかと感心します。
こんなに重い雪を、黙って静かに負っているのです。

孤高の木

田園の古木

千曲川と樽川の合流地点の近くに、
大きな、立派な木が立っています。

畑が連なる田園の中の存在感のある木です。

マイナス17度の朝。
こんなに美しい姿を見せておりました。

孤高の木1

雪の結晶の美しい衣装

木花が、古木の全体に纏われていました。

あんまり美しいので、車を止めて、
シャッターを切りました。


孤高の友

厳寒故の美 です。

昔、知的障害者施設で働いていたとき。
施設のすぐ前の池のほとりに、

大きな立派な、欅の木が立っていました。

雪の朝の出勤時。
雪をまとった欅の木が、

純白の美しいウエディングドレスを着ているようにみえました。
あの時の感動は今も忘れません。

しかし、時の流れに、
新しい道路ができると言うので、なんと、伐採されてしまいました。

今でも欅の美しい姿は私の脳裏に焼き付いています。

絶対、伐る必要なんてなかったのに・・。と、今も思います。


厳寒の朝

マイナス17度・庭の朝

北信濃の厳寒の朝。
台所の絞っておいた布巾は、カチカチ。
庭先の道は、ツルツル。

肌に冷たい空気が、顔を刺します。
木花1

雪に耐えていた桜木と藤の幹

美しい純白の装い。
青空に映えて、
それは美しい光景でした。

木花2

綺麗・きれい・きれい!!

思わず口からこぼれ出る言葉は、
「きれい!」  だけ。

木花3

もみじの若木の枝先に・・・

”木花” が咲きました。

雪の結晶が、そのまま重なっています。
ふんわりと、綿ぼうしのような、やわらかさで。
そっと触れるだけで、 こぼれ落ちます。

綿毛の雪

本当に不思議な世界です

雪の結晶は、視覚で捉えると
本当に神秘の世界です。

綿毛の雪2

養老孟司さんが、最近書かれた本。
「遺言」
結構楽しく読んでいます。
私は養老さんの考え方が、大好きです。

認知症だって、年齢と共に、自然に順当に年を取っている証拠。
年相応に脳も、身体も、衰えていくのです。 
・・・という考え方が、妙に、納得させられるのです。

その中で、鳥は、視覚が発達して、中脳が発達して大きな働きをしているそうです。
(人は大脳が発達するのだそうです。)

そういえば、私の大好きな、トンビ君・・・が。  ”ピーーヒョロロロ-” と啼きますが。
「お腹すきました」 と言っているので。

肉まんを手にかざして、「トンビ君お食べ!」といって、
雪の上に置くと、
スウーッとすかさず、キャッチして飛び去ります。
 確かに、鳥さんは、目がいいのです。

寒いのに頑張っているようです。

充電期間の冬

もみじのお布団

西の庭の大きなもみじの木は、たくさんの草花や木々を守ります。
枯葉が、養分となります。

日本水仙の球根を植えて、
枯葉のもみじの葉をたくさんかけてあげました。

もみじのお布団

厳寒の中、

小さな芽を出しました。
蕾らしい花芽も見えます。

日本水仙の芽

もみじの手

枯葉のもみじの葉が、
やさしい手のように見えます。

水仙

「何してるの?」

ブラックジャックが言いました。

「水仙さんが芽を出したのよ」
「ジャックみたいにかわいいね。」

「そうなの?」

ブラックジャック

ちゅばっちのかあちゃん

かすみちゃんと呼んでいます。
なんとなくぼんやりした毛色なので。

よく食べるので、ポタポタしています。
親子対面させたのですが・・。
「フワーー・・!」と怒られました。
ちゅばっちは、びっくりして固まりました。

かすみ

のどかなのんのん

のんのんは、いつでものんびりしています。
食べるときは、人が変わったようにガツガツしますが。

身体は弱そうですが、心は元気です。
「のんのん、かわいいね。」

「にゃーあん」

のんのん

今朝は格別寒くて、庭は凍っていました。
 
水仙は、寒さの中で花芽を育むそうですので、
寒さも大切なのですね。

それにしても、寒いです。
太陽さんが、白く照っていますが。

冬のヒヤシンス

新年に咲いたヒヤシンス

昨年の暮れに、堅いつぼみのヒヤシンスの球根を買いました。
そして、一月。

かわいい花を咲かせました。

hana

「良く咲いたなあ」

夫が感心していいました。

「かわいいね。命って」

hana

三色揃い咲き

水だけで、花を咲かせました。

appu

セシーロが・・。

写真を撮る私をじっと見つめていました。

相変わらず、臆病なセシーロ。

chechi
今年も、穏やかな一年にしたい思いました。

いつも、主イエス様が共に居てくださいます。

今年は・・・。
少しは主婦をしようと思いました。
プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking