スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を呼ぶ・・イースターフラワー

外は雪・室内は開花

庭には、雪が沢山・・。
夫が改修したダイニングキッチンには、
早くもクリスマスローズの花が咲き始めました。


春を呼ぶ花

「歌っているみたいだな」

この花は”ヘレボレスニゲル” と言う名前がついています。
西洋では、暗い土の中から、春一番に咲くと言われているクリスマスローズの花。
イースターが近づく頃、花の中で一番はじめに咲く花なのだそうです。
(現代は、ハウス栽培が盛んなので、季節は関係なくなりましたが)

コーヒータイムや食事の折に、この部屋に入る度に・・こんな会話。
「この花は、賛美しているのよ」
「歌っているみたいだな」

ヘレボレスニゲル

クリスマスローズの原種

”イースターフラワー”

復活を象徴する花とされています。

真っ白く、清楚で、力強い・・。

聖なる という表現がぴったりの花。

歌う花

この花もクリスマスローズ

地味ですが、優雅でやさしくて、洒落た花です。

自己主張なんかしなくても・・・心惹く花です。
そういう姿は、人としても憧れるところです。

クリスマスローズ

何を歌っているのか?

私は、やはり、
 ♪ ハレルヤコーラス ♪ だと思っています。

ハーレルヤ!ハーレルヤ!  ハレルヤ・ハレルヤ  ハレールヤ!
 創造主なる主を、花も人に負けずに讃えています。

美しい花

今・・今が永遠

先だって、NHKの番組で時間と空間について モーガンフリーマンが語っていました。

”時空” の理解。 時間はビックバンから始まった。
しかし・・。
時間というものには、表情はない。
 時間を理解するのは・・・意味付けるのは、その人の生き方しかない。 

そういう意味で、この花は、
今しかない! というように咲いています。
創造主であるお方を、賛美しながら、歌っています。


今、

それで、わたしも、花に負けないように、主を賛美したいと思います。
花は、咲くことで、人に何かを教えてくれています。

そうだ! 
福音書の中で、イエス様はこう語っていました。
 「野の花を見よ。」

そういう意味もあったんですね。
スポンサーサイト

昔ながらの雪国の暮らし

200年前から同じ雪下ろし

この茅葺き屋根の古い家屋は、
なんと、善光寺地震後に建てられたとのことでした。
善光寺地震は長野市を中心とした広い範囲で、大きな被害を及ぼしました。

ただ、当時建てられた家屋の三分の二は、昭和19年頃火災で消失してしまいました。
今残っている茅葺きの家は、焼け残った座敷です。




大雪でした

茅葺きの屋根のてっぺんから・・

雪国・豪雪地帯と言われたこの地域では、
昔からこんな風に屋根の雪を下ろしていました。

茅葺きの屋根の雪は、屋根のてっぺんから下ろしていくのだそうです。

通常のトタン屋根の雪は、なで除けをつけて、自然落下を防いであり、
屋根の下の部分から下ろしてゆきます。

雪下ろし

雪から生まれた雪太郎?

桃から生まれた、桃太郎。

屋根に積もった雪から生まれたら・・・
雪太郎。

雪から生まれた

「あと、何年、屋根に登れるかなあ?」

屋根のてっぺんの串の上までたどり着くのは、大変なのです。
2階のベランダから屋根に登り、茅葺き屋根の雪をラッセルしながら登ります。

危険がいっぱい!


雪下ろし


私は下から見上げます。

屋根から落とされた雪を平らに踏み固めるのが私の役目です。

毎年、全国で雪下ろしの事故が報告されていますが、
雪下ろしの事故は、大抵は単独作業の時が多いのです。

日本全体が、高齢世帯、独居世帯が増えている状況がある中で、心配がたえません。

屋根のてっぺん

ただ・・。
雪の晴れ間の青空に、ほっとさせられます。

青空は・・・やさしい

冬の青空

人間にとって・・・、
青空と、緑の木々と草は、やさしい癒やしの色

雪雲の間から垣間見える、薄い青空は、神様の優しい微笑みに見えます。


真冬

雪です。大雪です。

厳寒の奥信濃

大雪の日々が続きます。
夫は、今年2回も屋根の雪下ろしを行いました。
私は道路に落とされた雪を、スノーダンプで川に流す役・・。

1月中旬、大雪の日に、車で群馬県へ行きましたが・・。
目的地まで、何と6時間かかりました。
安全運転で、気長に、祈りながら。
j

いつもなら、運転しながら、美しい雪景色に感動しながら行くのですが、
今回ばかりは、真面目にひたすら運転している自分がいました。

大きな木々の枝が雪の重みに耐えている姿。
「がんばれ! 素敵な樹たち。」

ルート353の清津峡の山道に立っている、”トリオのブナ君たち” とは、春まで会えません。
きっと、凛として、何食わぬ顔をして、重たい雪に耐えていることでしょう。

大雪の冬場は、十日町の先の大澤峠を越えていきます。
新潟県は飯山市と同じ豪雪地帯です。
そのため、除雪体制は整っているので、安心なのですが・・。
入間川の平らな山道は、障害物がないので、吹雪くと先が見えなくなります。
いわゆる、ホワイトアウト。


樹花(きばな)

樹花

厳寒の朝に咲く雪の花
枯れた枝に、まとわりついた雪が凍って、美しい花を咲かせます

太陽が顔を出すつかの間の花です。

美しいものは、瞬間。 つかの間の芸術です。

改めて・・・太陽って有り難い。


more...

春を呼ぶ花

美しいクリスマスローズの花

 純白の美しい花の名は・・・クリスマスローズ  
 西洋では ”イースターフラワー” と呼ばれている花です。


 寒い冬の黒い大地に、春一番に咲く花。
 ちょうど、キリストの復活を象徴するように、純白の花を咲かせるところから・・
 イースター(復活)フラワーと呼ばれて、愛されているのだそうです。

 因みに、この純白の花こそ、”ヘレボレス・ニゲル”  と呼ばれている原種の花です。



クリスマスローズ

なんとも言えない清楚で、力強い花

白の持つ力強さは、不思議な感動を与えてくれます

クリスマスローズ


優雅で上品な佇まい・・

クリスマスローズ

可憐なやさしい表情・・

クリスマスローズ

クロユリを思わせる魅惑的な姿

クリスマスローズ

私の住む北信濃の、千曲川のほとり。
豊かな田園が広がる木島。
千曲川と樽川の合流するデルタ地帯になっています。

我が家の畑のお隣りに、大きなビニールハウスが二棟。
様々な品種のクリスマスローズが栽培されています。

4年前イースター直前に、愛する息子さんを天に送った知人への、
ささやかなレクイエムとして、
復活を象徴する、クリスマスローズをお届けしています。

プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。