スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出

イスラエルのカップ

このカップは、イスラエルで買ったものです。
藍色が好きで、
この図案は、イスラエルの特産 オリーブを描いたもの。

上等な品物ではありませんが、藍色とオリーブの絵柄が気に入っています。
毎日これでコーヒーを飲んでいます。

”気に入る” ということは、こんなに単純で簡単なのですね。
イスラエルの思い出と、聖地に立てた思い出とが、
毎日思い出されます。
そして、聖書を読む度に、現地が甦ります。


イスラエルのデザイン

お気に入りの猫・・

昨年の5月に、ふらりとやって来た野良ちゃんが産んだ子猫。
 
二人の兄と姉ねこは、元気でかわいくて、
優しい飼い主に出会いました。

この子は小さくて、弱くて、死にかかりましたが、
なんとかこんなに大きくなりました。

19年間一緒に暮らした、お利口猫のさくらに、そっくり!

男の子ですが。

それで、名前は、 つばさくら。

背中に白い翼。さくらに似ているので、 つばさ・さくら。

それで、この子を、 ”ちゅばっち” と呼んでいます。

つばさくら

いたずらで、すばしっこくて、ダイニングの引き戸まで上手に開けて、
ちょろっと入ってきます。

かあちゃんが大好きで、いつだって、そばから離れません。

「つばさは、かあちゃんが好きだなあ・・。」と、
とうちゃんが言います。


スポンサーサイト

相性とお人柄・・

何故か気が合う・・

不思議なことなのですが、
改めて”相性が合う” ということの有り難さを感じています。

人も、 そして猫の世界にも通用するようです。

私が愛した 二人の猫。

むくとさくら。
誕生から20年が過ぎて・・・ふたりとも私の前から姿を消しました。

むくとさくら

庭は、ふたりの専用の散歩コースでした。

むくとさくら

従姉妹同士のふたりは、暗黙の了解の元に・・・
良い距離感を持って、いつでも、私の傍にいました。

賢いさくらと、頼もしいむくげ
むくとさくら

私が居るところには、必ず二人の猫がいました。
二人が喧嘩をしている姿は、20年近く一度もありませんでした。

相互信頼関係。
そして、相互ライバル関係。

二人とも、絶対的に自分は愛されている!・・・という確信があったのだと思います。

夕方のふたり

むくが体調を崩しても・・。
さくらはいつも傍にいました。

シュウメイ菊

離れていても・・・心は一緒!

不思議な不思議な、やさしい関係を保っていたのです。

朝のふたり

むくは具合が悪いのです。

さくらはさりげなく、寄り添って、さりげなく気を使って・・。

むく、だいじょうだよね

私の人生の中で、
黒猫のむくげと、キジ猫のさくらは、なによりも、かけがえのない猫です。

私の心の中には、今も、むくとさくらが暮らしているのです。

むくとさくらの相性は、私の中で最高の手本になっています。

人と人との関係の中で、きっと、
絶対的な信頼関係なるものが、和を生み出し、平和を造るのではないかと思えます。

むくとさくらが私に残してくれた、素晴らしい関係哲学です。




初冬の日差し

泰平楽な猫

この白い猫の名前は・・・ チビチビもみじです

ちびもみじの娘なので、チビチビもみじと名付けました。

泰平楽な猫たちです

ひょっとしたら、夢の中で、盆踊りをしているのか?
或いは、ヨーガをしているのか?

この子は、とても頭のいい猫です。

外は雪です

冷たい風が吹いています

我が家の茶の間のストーブの前は、
寒がりやさんが並んでいます。

こちらを向いているのは、 かわいい ”もみじのすけ” です。
母猫の ”ちびちびもみじ” が子育てを放棄したので、
我が家のとうちゃんが、猫用ミルクで育てました。
命拾いしたのでした。

そのせいかどうか・・・。人の行く先々に付いてきます。
とうちゃんがお風呂に入るときも、一緒に浴室に入って、
浴槽の端に座って待っています。
時々、お風呂のお湯も飲んだりします。
甘えん坊のかわいい坊やです。

a

わたしが、おばあちゃんです

もみじのすけは、このおばあちゃんの ”ちびもみじ” に面倒をみて貰いました。

もみじのすけと、セシーロ 姉弟 は、
やさしくて、穏やかな ちびもみじ おばあちゃん に育てられました。

猫柄がとてもいい猫なのです。
とうちゃんは、「ちびもみは、性格がいいなあ。ブスだけど・・」と褒めてくれます。
ブスだけど性格がやさしい。・・・「じゃあ、私と同じだね」

ちびもみは、かあちゃんが大好きで、
いつだって、おひざに座って、飽きもせずにかあちゃんの顔を見つめます。

b

あんまり、見つめるので、
「ちびもみ。あなたは一体誰なの?」と問いかけたりしますが・・
なんとも返事をせずに、じっと顔を見続けます。

まだまだ、寒い日が続きます。

今、長野県北部に大雪注意報発表のテロップが流れました・・。

明日は3月なのに・・。

さくらの日々

賢いさくらと共に今日まで・・・

もう・・19年になるでしょうか。
さくらがもやの長女ブナから生まれてから・・・

若かったあのころ・・・なんだか、かぐや姫の神田川の台詞みたいですが。

私の人生の同行者(猫)として、もうすぐ19年をむかえます。
若かった頃のさくらは、毎日田んぼや畑に遊びに出ていました。
相棒の黒猫 むくとは、ベストパートナーでした。

さくら・・・年を重ねたね。私もだけれど。


さくら

眠っている時間が多いのです。

立派だったおひげも、天然パーマみたいに、カールしてきました。
かあちゃんが、本を読んだり、聖書を読んだりすると、一緒になって読書します。
言葉も理解出来て、本当に賢い猫なのです。
お祈りも大好きなのです。

さくら

居候志願のなつめが同居人(猫)

2階のベランダから入居した若いなつめ。
時々、にらみ合ったり、
それでも、結構、孤独を癒してくれる存在でもあるようです。

なつめ

かあちゃんが2階へ行くと・・

安心感か、くつろいだ仕草をみせます。


さくらのオアシス

さくらのオアシス

イスラエルではありませんが・・木のあるところはオアシスです。
オリーブの若木、レモンの若木、文旦の若芽、柑橘類の若木、それからシンビジューム・・。
オリーブの木以外は、すべて種から育てたものです。
この小さな木々の下がさくらの水飲み場です。

さくら

若いなつめは・・。

早く畑に行きたいなあ・・。と毎日2階のベランダから外を眺めています。
このこも、とてもかしこい娘です。


P1030774.jpg
プロフィール

moyasakura

Author:moyasakura

奥信濃・千曲川のほとり・・・
古い萱葺き屋根の家で、
夫と義母と賢い猫たちと
楽しく質素に暮らしています~♪





旬の新鮮な食材を使った私の手作り料理を紹介します~♪

日経リビングスタイルロゴ

日経ネット「リビングスタイル」で紹介していただきました。

☆信州の新鮮で安心な食品は
しなのえちご屋で販売しています。
主人が実直に運営しておりますので覗いてみてください。

新鮮・安心な食材


キッチンぷいぷい

毎日放送の取材を受けました。
浦上 浩 先生のネマガリダケのレシピがあります。

J-WAVEロゴ

J-WAVE BOOM TOWNで
紫アスパラの取材を受けました。
(2006年5月16日放送)

FM長野ロゴ

長野エフエム放送の取材を受けました。(2006年夏放送)

カテゴリー
カレンダー
■は記事のある日です~♪
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
訪ねてくれた人
2008/5/19~
天気予報
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。